海外食品を通販で購入するときの注意点

通販で海外食品!購入するときの注意点

食品の販売ルート

海外食品が何となく面白い雰囲気がするのも、色とりどりで配色の違う包装が異国感を演出するワケ? 内容量が多くて考えるところもあるけれど、コスパも良く、まぁいっか。 ちょっと、はまる食品があっても困らないのは通販のおかげ。 海外旅行のお土産の味をもう一度もOKです。

個人で輸入できるもの

生もの以外の、食品の個人での輸入は、食器、飲料、酒、乳幼児の玩具も同10kgまでと定められ、安全性などは自己責任になるようです。 販売目的とする食品の商業的な輸入では、国の輸入手続きを食品衛生法に基づき、輸入届出や検疫所審査等が必要ですので例外はありません。

海外通販について

海外の通販は値段が嬉しいし、驚きの物もあります。 送料と関税を足しても十分安いことも、日本未入荷の物も購入できることもメリットです。 サイズも色々あるのが魅力です。 商品の破損や商品が滞って時間がかかったり、商品が届かない場合のトラブル対応等の解決方法を明示しているサイト選びが大切です。

パッケージに魅かれて

食品の分野では、果物や野菜、牛肉の生肉や缶詰含む加工品は、個人で輸入は不可能です。
販売する会社がルートとして、国内ネットショップサイトへ出店するためのネットショップ開設手続き等は、楽なものではないそうです。
大手のネットショップサイト出店には審査があり、出店料も割高な、開設サービスだからです。
出店成功には近道であるようです。
お客様が決済も含め、出店者を見越して、セキュリティーもきちんとしているだろう大手ネットショップサイトから購入している錯覚による安心感も確かにあります。
集客に強い特性があり、お客様の信頼度が高いサイトで出店して利用者が多いことから、お客様の信頼感も相乗効果があります。
出店者のサイトのキャンペーン参加で、売上げアップが望める場合があることから、出店者の積極的な販促は値段にも反映され、お客様にとっても助かります。
サイトのポイント付与のサービスは、その効果等でリピーターになって貰える可能性があるとしていて、お客様としては嬉しいサービスです。
模造品や偽物の対策なども徹底しており、ルール違反にはかなり厳しい分、お客様には安全に買い物をして貰えるように、サイトの配慮があります。
そして出店審査や店舗取締りに注力していることも、大手ショッピングサイトのサービスを受けるメリットです。
サイトから出店者に対してサポートがあったり経営ノウハウを学べる環境での店舗運営をされていることから、サービスされたサイトでの買い物は安心でき楽しみでもあります。
送料もサイトによって変わり、会社によって注文単位も一つから1ケースなど様々です。

▲先頭へ戻る